●米粉ハウス~Komeko House~

それは、美味しく健康にグルテンフリーフードをお届けする空間。

小麦アレルギーの方、動物性食品摂取が困難な方、血糖値を気にされている方、胃腸の働きが弱い方など、健康を高める為のお手伝いを致します。

小麦アレルギーが急増している昨今です。
私自身も多々の入院生活から、食べたいけど食べられない経験をきっかけに少しでも食を広げる喜びを提供し, 社会貢献をしながら老いていきたいと考えるようになりました。

我慢ではなく食の楽しみと笑顔を届けたいと心から思っています。
グルテンフリー、動物性食品抜きのお菓子作りは、本当に大変ですが、
楽しんでコツコツと作り続けていきます。

是非、自宅で気軽に作って欲しいと思いはじめた教室です。2010.7~

そして、忙しい方のために、マーケット・通販もはじめました。2012~

*食生活の欧米化とともに増加している小麦アレルギーです。
近年の厚生労働省によると、食物アレルギーの1位・卵、2位・乳製品、3位・小麦で、20歳以上になると、小麦アレルギーがトップに躍り出る。

●グルテンフリー米粉Food(風土)
WHO世界保健機構では、1998年に健康の定義に身体的ヘルス精神的ヘルス社会的ヘルスの他にスピリチュアルヘルスの新しい提案がされました。

英文>
Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.
訳>健康は、単に病気または虚弱の欠如ということではなく、何事も前向きな姿勢で取り組めるよう、肉体的、精神的及び社会的に完全に調和のとれた状態である。

私は、スピリチュアルが提案された理由のひとつに、肉体の健康だけでなく精神的健康=精神的豊かさを誰もがきちんと見つめ直す時代にあらためて入ったのだと思います。自分の人生を生きていく上で自分自身を知るヘルスと考えます。

それは、自分の内側を見つめることであり、それは、心身共に健康につながることだと考えます。

また、四季のある日本に住んでいるのですから、季節の旬の食材をとり、作ってくれた人への感謝を思い食したいですね。米離れをしている昨今ですが、米粉で新しいFood(風土)を食べることによって、日本の食糧自給率の向上にもつながります

●からだにやさしい生活は、シンプルから
食べ物が心に与える影響も大きいです。脳内物質は、食べた物が神経伝達物質に届き、結果、心(精神面・情緒面)に影響します。

米粉ハウスでは、身体に負担をかけないよう添加物や白砂糖、動物性食品、天然酵母などを配慮し、安心したからだにやさしい生活は、シンプル(素朴)なものだと考えます。

戦後、私達日本人の食習慣が変わり、美味しい食品が氾濫している環境の中、マイナスの食べ物で支配されないライフスタイルを自分で作っていくしかないのです。
セルフチェック
の一つとしてグルテンフリーの日をストイックにならずに、お勧めしたいです。体調の変化が出てくるかもです。

*アメリカ、カナダでは、グルテンフリーFood多く見受けられるようになりました。
ハリウッドセレブがダイエット法として、グルテンフリーが今では、ブームとなってきました。一種のデトックス効果があり、中性脂肪を下げるなどの効果もあるとされています。また、カルシウムの吸収力や免疫力のアップ、血糖値の上昇が緩やか、穀類の中でタンパク質に優れている、アミノ酸バランスも良いなど、米粉は優れた食事を食卓に提供してくれます。

米粉100%の1斤焼きと、炊飯炊きの基礎を、動画でご覧ください。

※現在は一次発酵のみで作っています

米粉100%の1斤焼きの基礎

米粉100%の炊飯炊きの基礎